うえののあなごめし弁当でランチ:広島宮島へ5

厳島神社の参拝が終わったら、丁度お昼時。

清盛神社とランチ場所


まずは、教えていただいた場所へ。お昼におすすめと言われ、実際に食べて他の方にもオススメしたい場所は清盛神社の前あたり。海をみつつ食べれるし、なによりも鹿があのあたりは少ないので良いと言われましたが、確かに少なかった!

ということで、清盛神社のあたりでお昼を。もちろん清盛神社にもお参りさせていただきました。

清盛神社は厳島神社の末社で、もちろんご祭神は平清盛公。
昭和29年に平清盛没後770年にあたって創建されたそうです。

清盛神社前には石のベンチ等があり、座って食べれます。

眺めはもちろん海!↓こんな景色を眺めつつランチができます。

うえののあなごめし弁当

宮島口で買ってきた、うえののあなごめし弁当を食べました。お値段は1944円でした。お弁当の包みも旅を感じられるものでした。

うえのさんのHPには、

お持ち帰りのあなごめし弁当が美味しい理由
焼きたての穴子と炊き立ての味飯が、経木の折箱に詰められて冷めていくうちに味がはっきりとして美味しくなっていきます。経木の折箱の底から味飯の水分が抜けてゆくと同時に、穴子の蒲焼の旨みをご飯が吸い取ってくれるのだろうと思います。二時間位時を置いて冷めはじめるころ味が濃く感じます。ご飯の味加減もそれを踏まえての濃さとしていますので、炊き立ては薄味に感じられ、洗練されていると言う評価や、物足りないという思いにもなってしまいます。吟味した穴子の旨みをじっくりゆっくりと味を引き出すようにお召し上がり下さい。

とあります。

私たちは買ってから3時間くらいたってから食べたと思いますが、おいしかったです。
本当に味付けが絶妙で、濃いわけでもなく薄いわけでもない甘辛タレ、きとんと穴子自体の味も感じられる濃さ。
さらに、このご飯があなごのアラで取った出汁と醤油で炊き込んでいるそうで、ちょっとこくのあるご飯でした。ご飯と穴子が絶妙でした。

母は実は穴子はあまり好きではないのですが、これはべた褒めで完食してました。これはまた食べたいそうです。

○参考→うえの(食べログ)

鹿に注意

さて、食べ終わったころに、鹿が現れました。気を抜くと、バックとかに頭を突っ込まれそうになりました。
そして、ふと見ると、席を外していた学生のバックをあさってました。慌てて戻って、鹿からバックを取り上げてました。食べてる時に来なくてよかったです。

ちなみに一頭のみ出没してました。他では集団でいるのを見たので、確かにこのエリアは鹿が少なかったです。

鹿には注意です。

ランキング
ランキング参加中、応援お願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする